とみおか母乳ケアhouse

トップページ > とみおか母乳ケアhouseについて

とみおか母乳ケアhouseとは
とみおか母乳ケアhouseのご紹介のページです

講師の紹介

講師:冨岡ほなみ

助産師:冨岡ほなみ

  • 助産師(アドバンス助産師取得)
  • 日本母性衛生学会会員
  • 日本母乳の会会員
  • 日本マタニティフィットネス協会
  • マタニティビクスインストラクター
  • ベビービクスインストラクター

現在の活動

1.母と子のスペース
母乳ケア
ベビーマッサージ
ママのためのアロママッサージ
骨盤ケア
2.学生の学びのスペース
看護大学の母性看護実習施設
乳房管理学の講義(助産学会に出向きます)
3.助産師が語り合うスペース
4.母乳に関する研究
大学院にて研究中
5.母乳育児講座、育児講座の開催
支援センターや民間施設で要請により、出張講座を展開しています。
6.母と子の育児サークル(準備中)
しばらくお待ちください。

平成13年開業当時のごあいさつ

助産師の冨岡ほなみです。

この度、おっぱいのケアとベビーマッサージでお知り合いになりました雄太くんのママに私のオリジナルホームページをつくっていただきとっても満足しています。以前のアットホームなホームページも看護師である美佳ママが趣味で作って下さったもので、出会う方に助けられている私はとっても幸せですね。

助産師である前に、私の重要ポジションは、妻であり、思春期を迎えた三人息子の母であることです。
最近は仕事に追われ、このポジションが手抜きになりつつあることを深く反省しています。

平成13年4月に開業しました

それまでは大学病院、総合病院と大きな施設で働く助産師でした。長男を出産してから育児・母乳で悩む母親達の多さに驚きました。
病院では母乳がよ~く出て退院していたのに、一ヶ月健診で病棟に立ち寄って下さるときには「え~ミルクになっちゃったの?」「毎回ミルクも足しているの?」という会話もちらほら。どうしてなのか???どうしたらいいのかわからない、相談できるところがない…。それならば…。いずれ私が…。

私自身母乳にすごくこだわりがあるわけではありませんでしたが、ちょっとした悩みが解決までいかなくても聴いてもらえる空間があってもいいかな…と思いはじめました。子供達が小さいうちは夜勤もしていましたが、小学校入学を機に夜は家にいて、とにかく自分の育児を全うしなければ…そして贅沢にも、午前中だけでも自分のペースで今までの経験を生かしてできる仕事を夢見て…。
そして数年を過ごし、ささやかな開業にたどり着きました。
ぜひ母乳で育てたい!というお母さんの気持ちを大切に、母と子が一体となって、より深い絆で結ばれていくような援助をしたいと思っています。
皆さんいろいろ悩みを抱えて相談、ケアにいらっしゃいます。一人一人の思いを聴いて、さて今後どうしていきましょうかはお母さんとともに話し合って、無理のない範囲で方向性をみいだしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

毎日ワクワクしながら仕事をしています

今日はどんなお母さんと赤ちゃんにお会いできるのかとっても楽しみです。
よく言われます。「電話で予約のときに、サバサバした話っぷりに、どんな助産師さんなのかとっても楽しみでした。」と…。別に…こういう話し方なんです。思ったことははっきり言います。こんな私ですが、開業当初から長~いおつきあいの母と子たちに励まされ、送って下さるたくさんの赤ちゃんの写真や葉書に囲まれ、毎日がホクホクです。
そうそう、この部屋は植物がとっても育つのです。観葉植物もシクラメンも真夏も花を咲かせています。ベビーマッサージの杉本先生からも、きっとお母さんと赤ちゃんの気がたくさん漂っているからですよ…と。室内は、ほのかにハーブオイルの香りも感じられ心地よいですね。

平成13年4月

PAGE TOP

Copyrights © 2011-2020 Tomioka mother's milk care house.AllRights Reserved.